前置詞句の働き

Funcions of Prepositional Phrase

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

前置詞句は主に名詞を修飾したり(形容詞句)動詞を修飾したり(副詞句)します。他に名詞として働き主語だったり主格補語だったりもします。ここではそれぞれの例文を幾つか見ていきます。…

前置詞句

Prepositional Phrase

前置詞にはon, in, at, by, etc 等があり前置詞の目的語と呼ばれる名詞や代名詞あるいはそれらに相当する句や節を文に繋げる働きをします。同時に文とそれらの関係を確立し文の意味を明確にします。前置詞で導かれる句は前置詞句と呼ばれ詳細に分類できますがここでは下記で示されるように大まかに区分しそれぞれの例文を見て行きます。…

受動態 パート I

Passive Voice Part I

受動態パートI

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

ここでは過去、現在、未来、そしてそれぞれの進行形(合計6つ)の受動態を見て行きます。まず現在受動態の場面です。…

不定詞パート I

Infinitive Part I

不定詞パートI

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

不定詞とは to+動詞の原形 のことでここでは不定詞が文の要素になる例文を次の順序で見て行きます。

   1.主語として(As Subject)
   2.主格補語として(As Subject Complement)
   3.目的語として(As Object)
   4.目的格補語として(As Object Complement)…

動名詞パートI

Gerund Part I

動名詞パートI

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

多くの英文は文の要素を呼ばれる主語、動詞、目的語、補語から成り立ってます。動名詞は名詞ですので動詞になる事は出来ませんが、それ以外の要素になる事はできます。ここでは下記の順序で動名詞が文の要素になる例文を見て行きます。

文の要素になる場合:
  1.主語
  2.動詞の目的語
  3.主格補語
  4.目的格補語…

法助動詞 Can

Modal Verb Can

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

我々日本人にとって法助動詞canは結構なじみある単語で主に次のような場面で使われます。

現在・未来の意味:
    1.能力(Ability)
    2.可能性(Possibility)
    3.不可能(Impossibility)
    4.許可(Permission)
過去の意味:
    5.許可(Impossibility)

ここでは現在・未来の意味での能力から見て行きます。…

話法 パート I

Reported Speech Part I

話法パートI

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

ここでは話法(Reported Speech)における現在と現在進行形の時制の変換例を幾つか見ていきます。時制変換ルールは下記に示されているように現在形は過去形に、現在進行形は過去進行形に変換します。しかし歴史的出来事や不変の真理はルールの例外です。

時制変換ルール:直接話法の内容を間接話法で伝える場合現在形は過去形に、現在進行形は過去進行形に変換します。
直接話法 (Direct Speech)     間接話法 (Reported Speech)
現在形      ⟹      過去形
現在進行形    ⟹      過去進行形…