法助動詞 Can

Modal Verb Can

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

我々日本人にとってcanは結構なじみある単語で主に次のような場面で使われます。

現在・未来の意味:
    1.能力(Ability)
    2.可能性(Possibility)
    3.不可能(Impossibility)
    4.許可(Permission)
過去の意味:
    5.許可(Impossibility)

ここでは現在・未来の意味での能力から見て行きます。

1. 能力(Ability):
この用法、~が出来る、は殆どの方がご存知でしょう。

He can run 100m in 12 seconds.… Read the rest

法助動詞 Could

Modal Verb Could

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

Couldについて見てみよう。ここで強調したいのはcanの過去形でありながらwould, should, mightと同様、現在や未来の意味でよく使われる事です。実に多才・万能な単語で主に次のような場面で使います。

現在や未来の意味 (Present or Future Meaning) : could + main verb
1. 可能性(Possibility)
2. “現実とは逆 あるいは可能性が非常に低い仮定” (Unreal)
3.… Read the rest

法助動詞 Will

Modal Verb Will

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

次はwillの用法です。大体次の場面で使います。

未来の意味:
1.約束・強い意志(Promise)
2.ボランティア的行い(Volunteering)
3.予告・自然のなりゆき(Prediction)
4.依頼(Polite Request)

1. 約束・強い意志(Promise):
まず、約束・強い意志の場面です。
ここでのwillは話し手の “絶対~します” と言う “強い意志、約束” を表し軽い気持ちで “~でしょう、~だろう” という意味ではありません。

My plane arrives at 10am tomorrow morning.… Read the rest

法助動詞 Would

法助動詞 Would

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

次はwouldの用法です。お分かりのようにwouldはwillの過去形だが現在や未来の意味でよく使われます。その用法を分けると大体次のようになります。

仮定法:
          *.過去から見た未来(future in past)
                 時制の一致 Part I、3 参照(see sequence of tenses Part I, 3)
          *.仮定法過去(If + 過去形, ~ would ~)
                 第二仮定法参照(see second conditional)
          *.仮定法過去完了(If + 過去完了 , ~ would have ~)
                 第三仮定法参照(see third conditional)
現在や未来の意味 (Present or Future Meaning):
          1.想像した現在や未来の状態や行動
              (Imagined Present/future Situation/action)
          2.丁寧(Polite; would you ~)
          3.丁寧(Polite; would like ~)
過去の意味 (Past Meaning):
          4.過去の反復的習慣や行動(Repetition in Past)
          5.過去の拒否・強い意志(Past Refusal)
          6.過去の想像した状態・行動(Past Imagined Situation/action)

1.… Read the rest

法助動詞 May

Modal Verb May

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

次はmayの用法をみていきましょう。大体次の場面で使います。

現在・未来の意味:
1.可能性(Possibility)
2.許可(Permission)

過去の意味:
3.可能性(Possibility)

1. 可能性(Possibility):
まず現在・未来の可能性の例をみてみよう。

It’s getting dark. It may rain soon.
暗くなってきた。雨が降るかもしれない。

It sounds awful, but the news may be true.… Read the rest

ミックス仮定法

Mixed Conditional

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

これまでに述べた伝統的な4つの文型(zero, first, second, third conditional)以外にも多くのconditional文型があります。4つの文型をミックスしたり、言い手が何を言いたいのかを法助動詞によって変化させる事で多くのconditional patternが出来るのです。ここではsecondとthird conditionalを入れ替える事で出来る4つのpatternを見て行きます。

1. If + third conditional, present result:
過去の仮定節、現在の結果節:

If she had saved money, she wouldn’t be in such a financial difficulty.… Read the rest

法助動詞 Might

Modal Verb Might

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

誰もがよくご存知のようにmightはmayの過去形です。しかし、現在や未来の意味でよく使われます。大まかに次のような場面があります。

現在や未来の意味 (Present or Future Meaning):
     1.可能性 (Possibility)
     2.仮定法過去(If + 過去形, ~ might ~)

過去の意味:
     3.可能性 (Past Possibility)
     4.仮定法過去完了(If + 過去完了 , ~ might have ~)
     5.Mayの過去形 (Might)

1.… Read the rest

法助動詞 Shall

法助動詞 Shall

日本語は状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

かつてshallはいろんな場面で使われていたようですが近代アメリカ英語では一人称(I, We)以外でshallをつかうことはほとんどありません。日本語で書かれた文法書には細かく説明されたのもありますが英語で説明された近代の文法書ではほとんど取り上げられません。

大体次の場面で使います。

1.提案・問いかけ(Suggestion)
2.形式ばった文体(Formality)

1. 提案・問いかけ(Suggestion):
提案・問いかけの例です。

Shall we go upstairs?
2階に行きましょうか?

Shall I open the window?… Read the rest

法助動詞 Should

Modal Verb Should

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

Shouldはshall の過去形なので勿論過去の場面(時制一致の法則でshall が shouldなる場合)で使われたりもしますが下記で示されているように現在や未来の意味で使われる場合も多くあります。

現在の意味で使われる時(Present Meaning):
   1.アドバイス・強い意見(Advice)
   2.義務・当然(Duty)
   3.期待・予期(Expectation)
   4.可能性がゼロに近い(Low Probability)

過去の意味で使われる時:
   5.アドバイス・強い意見(Past Advice)
   6.後悔(Past Regret)

1.… Read the rest

法助動詞 Must

法助動詞 Must

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

次はmustを見てみよう。

現在・未来の意味
1.義務・必要(Necessity, Obligation)
2.禁止(Prohibition)
3.強い確信(Present Certainty)
過去の意味
4.強い確信(Past Certainty)

1. 義務・必要(Necessity, Obligation):
我々日本人にはなじみの “~しなければならない” の使い方です。

Every child 5 years old and older must go to school.… Read the rest