時制の一致 パート I

Sequence of Tenses Part I

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

このセクションでは主節が過去の場合を見ていきます。主節動詞の時間を基準点として従属節動詞の時間がそれと同じ時間帯なのか、あるいはその以前なのかによって2つの場面に分ける事ができます。又、別の場面ではアクションや状態がその過去の基準点まで継続していた事なのか、あるいはその基準点から見た未来の事なのかによってさらに2つのケースに分ける事ができますので全部で4つの場面を見て行きます。

1. To show concurrent/same-time action/state as the main clause, use past tense.… Read the rest

時制の一致 パート II

Sequence of Tenses Part II

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

時制の一致パートIで4つのルールを見てきましたがここではルールが当てはまらない例外を見ていきます。

1. General truth, plain facts:
不変の真理、常識的事実:

The teacher taught us (that) the earth is round like a ball.… Read the rest

定冠詞 パート II

定冠詞 Part II

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

定冠詞は名詞の前に付随し、聞き手がどの名詞かはっきりと分かる時に使われます。名詞が限定されていれば数えられる名詞、数えられない名詞に関係なく共に定冠詞が先行します。幾つかの用法を2つ(Part I and Part II)に分けてまとめてありここではPart IIを見て行きます。

1. Adjective describing the noun clarifies or restricts its identity:
形容詞によって名詞が特定されている:

Could you give me the key on the table?Read the rest

名詞節

Noun Clause

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

名詞節は従属節の一種で名詞の働きをし、名詞の役割すべてを担う事が出来ます。ここでは主語、直接目的、主格補語、目的格補語、形容詞補語それぞれの例文を幾つか見ていきます。

1. Subject:
主語として:動詞の動作や状態の担い手となる文の主題の部分。

Whoever committed this crime will be brought to justice.
この犯罪を起こした者は誰であろうと法の裁きを受ける事になる。

What you think about the issue doesn’t matter to the committee.… Read the rest

時制の一致 パート III

Sequence of Tenses Part III

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

時制の一致 パート Iでは主節が過去の場合の4つの場面を見てきました。ここでは主節が現在の場合です。ルールは主節が過去の場合と並行し、それぞれのサブセクション1から4で説明されています。主節が過去の場合、シックリ来ない面が幾つかありますが主節が現在の場合は日本語のルールとほぼ一緒ですので分かりやすいです。

1. To show concurrent/same-time action/state, use the simple present or present continuous tense.… Read the rest

副詞節

Averb Clause

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

副詞節は文中で動詞、形容詞、あるいは他の副詞を修飾し下記の例文で示されるように幾つかのカテゴリー(時、場所、理由・動機、目的・結果、状態・状況、対比・対照)に分ける事ができます。

1. Time: when, while, before/after, as soon as, until, whenever:
時の副詞:

When I came home around 6 pm, I called you right away.… Read the rest

時制の一致パート IV

Sequence of Tenses Part IV

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

主節が現在や未来の場合、従属節の時制は文の意味にかなっていればどういう時制でもかまいません。ここでは主節が未来、従属節の時制が現在、過去、現在完了形の場面を見て行きます。

1. Subordinate clause in the present tense: conveys same time frame as the main clause.… Read the rest

冠詞なし

No Ariticle

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

思想・見解・考え方、数えられない名詞、数えられる複数名詞、等が漠然とした一般的意味の場合、それらの名詞は冠詞を必要としません。下記の例文では様々なカテゴリーを10のケースに分けてあります。

1. Plural nonspecific or generic countable noun:
一般的意味での複数形の数えられる名詞:

I bought pens and pencils.
私はペンと鉛筆を買った。

The community feed and take care of stray cats
地域社会は野良猫たちに食事を与え世話してます。

Babies cry when hungry.… Read the rest