関係節

Relative Clause

関係節は従属節の1種で先行詞と呼ばれる名詞、代名詞、又は名詞句を修飾します。文の中で常に形容詞の働きをする為形容詞節とも呼ばれます。

2種類の関係節があり一つは代名詞(who, whose, whom, which, that)で始まりもう1つは副詞(when, where, why)で始まります。それぞれ関係代名詞、関係副詞と呼ばれ従属節を導きます。

関係節が先行詞の意味を限定する場合は限定節(Restrictive Clause)と呼び、そうでない場合は非限定節(Non-restrictive Clause)と呼ばれます。非限定節はなんらかの情報を継ぎ足しているだけで、文の本来の意味とは関係ありません。

関係代名詞

Relative Pronoun

関係節で説明されているように英文には関係代名詞と呼ばれる単語(who, whose, whom, which, that)で導かれる節が含まれる場合がありそれらの節は関係節と呼ばれます。関係代名詞の前には先行詞と呼ばれる名詞、代名詞、あるいは名詞句があり関係節はそれらを修飾します。

関係節は先行詞が人で主格節の場合はwho、所有格節はwhose、目的格節はwhomで導かれます。主格節のwhoから見ていきます。
 

名詞節

Noun Clause

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

名詞節は従属節の一種で名詞の働きをし、名詞の役割すべてを担う事が出来ます。ここでは主語、直接目的、主格補語、目的格補語、形容詞補語それぞれの例文を幾つか見ていきます。…

関係副詞

Relative Adverb

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

関係節 で説明されているように英文には関係副詞と呼ばれる単語(when, where, why)で導かれる節が含まれる場合がありそれらの節は関係副詞節と呼ばれます。関係副詞の前には先行詞と呼ばれる名詞、代名詞、あるいは名詞句があり関係副詞節はそれらを修飾し形容詞の働きをします。…

副詞節

Averb Clause

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

副詞節は文中で動詞、形容詞、あるいは他の副詞を修飾し下記の例文で示されるように幾つかのカテゴリー(時、場所、理由・動機、目的・結果、状態・状況、対比・対照)に分ける事ができます。…