定冠詞 パート I

Definite Article Part I

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

定冠詞は名詞の前に付随し、聞き手がどの名詞かはっきりと分かる時に使われます。名詞が限定されていれば数えられる名詞、数えられない名詞に関係なく共に定冠詞が先行します。幾つかの用法を2つ(Part I and Part II)に分けてまとめてありここではPart Iを見て行きます。

1. There is only one because it is unique:
ユニークでこの世に1つしか存在しない:

It is beyond human comprehension to understand intricacies of the universe.… Read the rest

定冠詞 パート II

定冠詞 Part II

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

定冠詞は名詞の前に付随し、聞き手がどの名詞かはっきりと分かる時に使われます。名詞が限定されていれば数えられる名詞、数えられない名詞に関係なく共に定冠詞が先行します。幾つかの用法を2つ(Part I and Part II)に分けてまとめてありここではPart IIを見て行きます。

1. Adjective describing the noun clarifies or restricts its identity:
形容詞によって名詞が特定されている:

Could you give me the key on the table?Read the rest

不定冠詞

Indefinite Article

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

2種類の不定冠詞があり、単数で限定されてない数えられる名詞の前に付随します。それは名詞が一般的で特定された名詞ではない事を意味し、その名詞が母音で始まる時は “an”、そうでない場合は“a”を使います。

1. Use an if the word starts with a vowel sound, a if consonant sound:
母音で始まる場合は “an”、子音で始まる場合は“a”:

an apple, an ape, an animal, an administrator, an authority
an egg, an eye, an ear, an eagle, an earth
an iceberg, an ideology, an inaccuracy, an infant, an injury
an owl, an ostrich, an oven, an outfit, an office
an umbrella, an umpire,
an hour, honesty, honor, herb, heir

2.… Read the rest

冠詞なし

No Ariticle

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

思想・見解・考え方、数えられない名詞、数えられる複数名詞、等が漠然とした一般的意味の場合、それらの名詞は冠詞を必要としません。下記の例文では様々なカテゴリーを10のケースに分けてあります。

1. Plural nonspecific or generic countable noun:
一般的意味での複数形の数えられる名詞:

I bought pens and pencils.
私はペンと鉛筆を買った。

The community feed and take care of stray cats
地域社会は野良猫たちに食事を与え世話してます。

Babies cry when hungry.… Read the rest

冠詞

Article

冠詞には定冠詞(the)と不定冠詞(a, an)の2種類があります。いずれも名詞の前に付随しその名詞が不特定な物なのか、あるいは特定・限定されている物なのかを表します。聞き手がどの名詞なのか分かる場合は定冠詞、そうでない場合は不定冠詞を使うのが一般的ルールです。

不定冠詞は数えられる名詞が単数で普遍的な意味を表す場合に使われます。“a” なのか“an”なのかは名詞が母音で始まるか子音で始まるかによって決まり、母音の場合は“an”子音の場合は“a”を使います。定冠詞は数えられる名詞なのか数えられない名詞なのかそして単数なのか複数なのか、に関係なく特定・限定されている場合に使われます。

Read the rest