定冠詞 パート I

Definite Article Part I

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

定冠詞は名詞の前に付随し、聞き手がどの名詞かはっきりと分かる時に使われます。名詞が限定されていれば数えられる名詞、数えられない名詞に関係なく共に定冠詞が先行します。幾つかの用法を2つ(Part I and Part II)に分けてまとめてありここではPart Iを見て行きます。…

定冠詞 パート II

定冠詞 Part II

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

定冠詞は名詞の前に付随し、聞き手がどの名詞かはっきりと分かる時に使われます。名詞が限定されていれば数えられる名詞、数えられない名詞に関係なく共に定冠詞が先行します。幾つかの用法を2つ(Part I and Part II)に分けてまとめてありここではPart IIを見て行きます。…

不定冠詞

Indefinite Article

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

2種類の不定冠詞があり、単数で限定されてない数えられる名詞の前に付随します。それは名詞が一般的で特定された名詞ではない事を意味し、その名詞が母音で始まる時は “an”、そうでない場合は“a”を使います。…

冠詞なし

No Ariticle

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

思想・見解・考え方、数えられない名詞、数えられる複数名詞、等が漠然とした一般的意味の場合、それらの名詞は冠詞を必要としません。下記の例文では様々なカテゴリーを10のケースに分けてあります。…

冠詞

Article

冠詞には定冠詞(the)と不定冠詞(a, an)の2種類があります。いずれも名詞の前に付随しその名詞が不特定な物なのか、あるいは特定・限定されている物なのかを表します。聞き手がどの名詞なのか分かる場合は定冠詞、そうでない場合は不定冠詞を使うのが一般的ルールです。

不定冠詞は数えられる名詞が単数で普遍的な意味を表す場合に使われます。“a” なのか“an”なのかは名詞が母音で始まるか子音で始まるかによって決まり、母音の場合は“an”子音の場合は“a”を使います。定冠詞は数えられる名詞なのか数えられない名詞なのかそして単数なのか複数なのか、に関係なく特定・限定されている場合に使われます。