話法 パート I

話法 Part I

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

ここでは現在と現在進行形の時制の変換の例を幾つか見ていきます。時制変換ルールは下記に示されているようになっていて現在形は過去形に、現在進行形は過去進行形に変換します。しかし歴史的出来事や不変の真理はルールの例外です。

時制変換ルール:直接話法の内容を間接話法で伝える場合、現在は過去に、現在進行形は過去進行形にします。

直接話法 (Direct Speech)       間接話法 (Reported Speech)
                                               
現在 (present)            過去 (past)
                                            
現在進行形 (present continuous)    過去進行形 (past continuous) …

話法 Part II

Reported Speech Part II

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

ここでは現在完了形、現在完了進行形、そして過去形の時制変換例を幾つか見ていきます。時制変換ルールは次のようになってます。

時制変換ルール:直接話法の内容を間接話法で伝える場合現在完了形は過去完了形に、現在完了進行形は過去完了進行形に、過去形は過去完了形に変換します。

直接話法 (Direct Speech)          間接話法 (Reported Speech)
                                     
現在完了 (present perfect)         過去完了形 (past perfect)
                                 
現在完了進行 (present perfect continuous)  過去完了進行形 (past perfect continuous)
                           
過去形 (past)               過去完了形 (past perfect) 

話法 パート III

Reported Speech Part III

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

ここでは過去進行形の変換例を幾つか見ていきます。時制変換ルールは下記のようになっていてcan/willcould/wouldになる事も示されてます。

時制変換ルール:直接話法の内容を間接話法で伝える場合、過去進行形は過去完了進行形に can は could に will は would に変換します。

直接話法 (Direct Speech)     間接話法 (Reported Speech)

過去進行形 (past continuous)   過去完了進行形 (past perfect continuous)
                                  
can               could

will               would…