未来完了形

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

未来完了形は未来の2つの出来事について説明する文型です。1つの出来事が次の出来事より以前に起き、主に次の3つの状況で使われます。…

時制の一致 パート I

Sequence of Tenses Part I

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

このセクションでは主節が過去の場合を見ていきます。主節動詞の時間を基準点として従属節動詞の時間がそれと同じ時間帯なのか、あるいはその以前なのかによって2つの場面に分ける事ができます。又、別の場面ではアクションや状態がその過去の基準点まで継続していた事なのか、あるいはその基準点から見た未来の事なのかによってさらに2つのケースに分ける事ができますので全部で4つの場面を見て行きます。…

定冠詞 パート I

Definite Article Part I

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

定冠詞は名詞の前に付随し、聞き手がどの名詞かはっきりと分かる時に使われます。名詞が限定されていれば数えられる名詞、数えられない名詞に関係なく共に定冠詞が先行します。幾つかの用法を2つ(Part I and Part II)に分けてまとめてありここではPart Iを見て行きます。…

関係節

Relative Clause

関係節は従属節の1種で先行詞と呼ばれる名詞、代名詞、又は名詞句を修飾します。文の中で常に形容詞の働きをする為形容詞節とも呼ばれます。

2種類の関係節があり一つは代名詞(who, whose, whom, which, that)で始まりもう1つは副詞(when, where, why)で始まります。それぞれ関係代名詞、関係副詞と呼ばれ従属節を導きます。

関係節が先行詞の意味を限定する場合は限定節(Restrictive Clause)と呼び、そうでない場合は非限定節(Non-restrictive Clause)と呼ばれます。非限定節はなんらかの情報を継ぎ足しているだけで、文の本来の意味とは関係ありません。

関係代名詞

Relative Pronoun

関係節で説明されているように英文には関係代名詞と呼ばれる単語(who, whose, whom, which, that)で導かれる節が含まれる場合がありそれらの節は関係節と呼ばれます。関係代名詞の前には先行詞と呼ばれる名詞、代名詞、あるいは名詞句があり関係節はそれらを修飾します。

関係節は先行詞が人で主格節の場合はwho、所有格節はwhose、目的格節はwhomで導かれます。主格節のwhoから見ていきます。
 

ゼロ仮定法

Zero conditional

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

Zero conditional: If/When + present simple, present simple

不変の学術的事実あるいは確率が100%の実際に起こりうる現在の場面で使われる文型です。IfとWhenは置き換えることができます。…