英文の要素

Sentence Parts

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

英文が要素と呼ばれる4つの主要部分(主語、動詞、目的語、補語)とそれらに意味を継ぎ足す修飾語(形容詞や副詞)で成り立っている事は「英文」のセクションで述べました。このセクションではさらに掘り下げて目的語と補語にはそれぞれ2種類有り直接目的語、間接目的語、主格補語、目的格補語と呼ばれる事も指摘しておきます。厳密に言うと要素は全部で6つ有るということです。

そして繰り返しになりますが要素とは意味を正確に伝えるのに不可欠な部分でそれが欠けると文の本来の意味は成立しません。修飾語は要素全体あるいはその一部に意味を継ぎ足し表現を豊かにしているだけなので修飾語が無くても文の本来の意味は成立します。
 
ここでは6つの要素の例文を見て行きます。

1. Subject: two examples each of simple/compound/noun phrase subjects.
主語:単純、複合、名詞節の主語の例文を2つづつ見て行きます。

He has requested transcript from the college.… Read the rest

英文の種類

English Sentence Types

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

英文の分類には意味上の分類と構造上の分類の2つの方法がある事は「英文」のセクションで述べました。ここでは意味上の分類を見て行きます。

1. Declarative Sentence: state facts.
平叙文:事実をありのまま述べる文。

Two plus three makes five.
2足す3は5です。

Humans will be living on Mars within the next several decades.… Read the rest

英文の構造

English Sentence Structures

日本語は大まかな状況を述べているだけで詳細な訳ではありません。

通常英文は構造上の視点から単文、複文、重文、混文の4つに分けられます。それぞれの定義や例文は下記の項目で確認できます。

1. Simple sentence:
単文:従属節を含まない1つの独立節から成る文は単文と呼ばれます。しかし主語や動詞は複合主語(2つ以上の名詞がandで結ばれている)だったり複合動詞(2つ以上の動詞がand結ばれている)だったりもします。

Wild animals can be very friendly to humans.
野生の動物は人間に非常にフレンドリーたったりします。

The person standing next to the tree over there is my neighbor.… Read the rest