未来完了形

Future Perferct Tense

未来完了形

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

未来完了形は未来の2つの出来事について説明する文型です。1つの出来事が次の出来事より以前に起き、主に次の3つの状況で使われます。…

前置詞句

Prepositional Phrase

前置詞にはon, in, at, by, etc 等があり前置詞の目的語と呼ばれる名詞や代名詞あるいはそれらに相当する句や節を文に繋げる働きをします。同時に文とそれらの関係を確立し文の意味を明確にします。前置詞で導かれる句は前置詞句と呼ばれ詳細に分類できますがここでは下記で示されるように大まかに区分しそれぞれの例文を見て行きます。…

法助動詞 Can

Modal Verb Can

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません

我々日本人にとって法助動詞canは結構なじみある単語で主に次のような場面で使われます。

現在・未来の意味:
    1.能力(Ability)
    2.可能性(Possibility)
    3.不可能(Impossibility)
    4.許可(Permission)
過去の意味:
    5.許可(Impossibility)

ここでは現在・未来の意味での能力から見て行きます。…

時制の一致 パート I

Sequence of Tenses Part I

時制の一致

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

このセクションでは主節が過去の場合の時制の一致見ていきます。主節動詞の時間を基準点として従属節動詞の時間がそれと同じ時間帯なのか、あるいはその以前なのかによって2つの場面に分ける事ができます。又、別の場面ではアクションや状態がその過去の基準点まで継続していた事なのか、あるいはその基準点から見た未来の事なのかによってさらに2つのケースに分ける事ができますので全部で4つの場面を見て行きます。…

定冠詞 パート I

Definite Article Part I

定冠詞

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

定冠詞は名詞の前に付随し、聞き手がどの名詞かはっきりと分かる時に使われます。名詞が限定されていれば数えられる名詞、数えられない名詞に関係なく共に定冠詞が先行します。幾つかの用法を2つ(Part I and Part II)に分けてまとめてありここではPart Iを見て行きます。…

動詞

Verb

動詞は文の心臓部にあたり動詞が持つ本来の意味の他に人称 (person)、数 (number)、時制 (tense)、態 (voice)、法 (mood)を伝える働きをします。分類の方法としては、まず最初に本動詞 (main verb)と助動詞 (helping verb)の2つに分け、単語の意味に沿ってさらに細かく分けられます。ここでは次の順序で例文を見て行きます。

本動詞 (Main Verb):
本動詞は主語のアクションや状況を表し動作動詞 (action verb)、状態動詞 (state verb)、連結動詞 (linking verb) の3つに分ける事が出来ます:
    動作動詞 (Action Verb)
    状態動詞 (State Verb)
    連結動詞 (Linking Verb)
単に主語を述部に繋いでいるだけだと考えられる動詞(例えばhe is a boy の is)を連結動詞と呼びます。

Helping Verb (助動詞):

関係節


Relative Clause

関係節は従属節の1種で先行詞と呼ばれる名詞、代名詞、又は名詞句を修飾します。文の中で常に形容詞の働きをする為形容詞節とも呼ばれます。2種類の関係節があり一つは代名詞(who, whose, whom, which, that)で始まりもう1つは副詞(when, where, why)で始まります。それぞれ関係代名詞、関係副詞と呼ばれ従属節を導きます。…