話法

Reported Speech

話法とは人が言った言葉を相手に伝える文型の事を言います。2つの方法があり、1つは相手の言葉をそのまま引用符を用いて伝える方法で直接話法と言われます。2つ目は伝達動詞(say, tell, etc)を使って相手の言葉を自分の言葉に訳して伝える方法で間接話法と呼ばれます。間接話法では伝達動詞が過去になる場合が多くあり、相手の言葉を自分の言葉に訳す際、時制のシフトに注意が必要です。