法助動詞

Modal Verb

法助動詞は動詞とくっつくことでカメレオンのごとくいろんな色(意味)を変えますので非常に苦戦します。例えばshouldの場合、意味が “提案/アドバイス、義務/当然、可能性がゼロに近い出来ごと” だったり、時制が “現在、未来、過去” だったりします。法助動詞を制する者が英語を制すると言っても過言ではないくらい我々日本人にはとっつきにくい面がたくさんあります。

法助動詞とは動詞の前に付加し動詞の意味を微妙に変える語(単語だったりフレーズだったり)のことで次の種類があります。

単語:  may                              might
     shall                             should
     will                                would
     can                               could
     must

フレーズ:be able to                     be going to
     be supposed to            have/has to
     ought to                        used to
     had better                     need to

ひとつ大切なのはmight, should, would, could は過去形だけど現在の意味で使われるということです。ここではフレーズではなくて単語の法助動詞を見て行きます。例文は下記のそれぞれのセクションで見ることができます。