関係節

Relative Clause

関係節は従属節の1種で先行詞と呼ばれる名詞、代名詞、又は名詞句を修飾します。文の中で常に形容詞の働きをする為形容詞節とも呼ばれます。

2種類の関係節があり一つは代名詞(who, whose, whom, which, that)で始まりもう1つは副詞(when, where, why)で始まります。それぞれ関係代名詞、関係副詞と呼ばれ従属節を導きます。

関係節が先行詞の意味を限定する場合は限定節(Restrictive Clause)と呼び、そうでない場合は非限定節(Non-restrictive Clause)と呼ばれます。非限定節はなんらかの情報を継ぎ足しているだけで、文の本来の意味とは関係ありません。