Clause

主語と動詞を含んだ単語の集まりを節と言います。節には独立節(Independent Clause)と従属節(Dependent Clause)の2種類があり独立節は完結した言明を表します。つまり独立節とは完結した文のことです。

従属節には3つの種類がありそれぞれ関係節(Relativ Clause)、名詞節(Noun Clause)、副詞節(Adverb Clause)と呼ばれます。名前の通り名詞節と副詞節は文中でそれぞれ名詞と副詞の働きをします。

関係節は関係代名詞(who, whose, whom, which, that)や関係副詞(where, when, why)で始まり他の従属節と同様、主語と動詞を含んでいるが完結した概念を表している分けではありません。独立節と一緒になって先行詞(Antecedent)と呼ばれる名詞や代名詞を修飾し文全体の中で形容詞としての働きをするのが関係節です。独立節が関係節を導いている場合、独立節は主節(Main Clause)と呼ばれるのが一般的です。ここでは次の順序で例文を見て行きます。

関係節
Relative Clause


名詞節
Noun Clause


副詞節
Adverb Caluse