関係代名詞 Who

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません 。

先行詞が人で主格を表す場合に使われます。先行詞が人以外の場合は which か that が使われます。

1. Restrictive examples: Relative pronoun combines two clauses and clearly identifies the noun/pronoun/noun phrase preceding the dependent clause.… Read the rest

関係代名詞

Relative Pronoun

関係節で説明されているように英文には関係代名詞と呼ばれる単語(who, whose, whom, which, that)で導かれる節が含まれる場合がありそれらの節は関係節と呼ばれます。関係代名詞の前には先行詞と呼ばれる名詞、代名詞、あるいは名詞句があり関係節はそれらを修飾します。

関係節は先行詞が人で主格節の場合はwho、所有格節はwhose、目的格節はwhomで導かれます。主格節のwhoから見ていきます。
 

Read the rest

ゼロ仮定法

Zero conditional

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

Zero conditional: If/When + present simple, present simple

不変の学術的事実あるいは確率が100%の実際に起こりうる現在の場面で使われる文型です。IfとWhenは置き換えることができます。

1. Scientific facts that are true 100% of the time.… Read the rest

現在単純時制

Present Simple Tense

日本語は大まかな状況を説明しているだけで、詳細な訳ではありません。

単純時制現在形は現在の出来事・状況/状態・行動などの表現し、主に次の4つの場面でつかわれます。

1. Repeated actions・Habits:
反復的行為/行動・習慣:

She walks to work.
彼女はいつも歩いて仕事に行く。

I get up at six every morning.… Read the rest

英文の種類

English Sentence Types

日本語は大まかな状況を説明しているだけで詳細な訳ではありません。

英文の分類には意味上の分類と構造上の分類の2つの方法がある事は「英文」のセクションで述べました。ここでは意味上の分類を見て行きます。

1. Declarative Sentence: state facts.
平叙文:事実をありのまま述べる文。

Two plus three makes five.
2足す3は5です。

Humans will be living on Mars within the next several decades.… Read the rest